よく着るお気に入りと着ないお気に入りがあるのがTシャツの特徴です

よく着るお気に入りと着ないお気に入りがあるのがTシャツの特徴です

私はよくTシャツを着ていますが、結構お気に入りのTシャツを何度も何度も

 

着ています。

 

そしていつも着ているのでぼろぼろになってよれよれになったりするのですが、

 

よく着ているTシャツに関しては、どんなにぼろぼろになっても捨てたくないのです。

 

 

 

よく奥さんに、新しいのがあるからとか、着てないのもあるから、それにすればいいじゃん、

 

と言われたりしますが、どうしても気が付いたらお気に入りのTシャツを着たくなるのです。

 

 

 

まあ理由を聞かれたら、好きとしか言いようがないのですが、なんとなく着心地がいいのは

 

間違いないでしょうが、あまりよくわかりません。

 

 

 

それでも、あまりに言われるので、他にどんなTシャツがあるのか見てみると、ちょっと

 

意外なことに気が付いたのです。

 

それは、あまり着ないTシャツの中にもいいTシャツがあるのですが、それはほとんど着ません。

 

でもそのTシャツが嫌いなわけではなく、むしろ好きで、そのTシャツに関しては汚したくないので

 

着ていないのです。

 

 

 

方や気に入っていてどんなに汚れてもボロボロになっても着るお気に入りのTシャツがあると思えば、

 

逆に全然着ないのにお気に入りのTシャツがあったのです。

 

 

 

なんかうまく出来てるなあと、自分で感心しながら、やはりボロボロのお気に入りのTシャツを着続けています。